INTERVIEW

インタビュー

interview_01_01
interview_01_01

メディア本部 編集部/編集

土橋 加苗KANAE TSUCHIHASHI

2015年 新卒入社

青山学院大学 文学部日本文学科卒業後、新卒として2015年にTORICOに入社。
「スキマ」新規立ち上げ、「漫画全巻ドットコム」の紙書籍の仕入れ、カスタマーサポートを担当し、運営管理部 運営管理課課長を経て現在に至る。

本に夢中で本に関わる仕事以外しないと決めていた学生時代

昔から本が好きで、遊園地より図書館に行きたがる子どもでした。高校生くらいから漠然と本に関わる仕事がしたいと考えていて、大学も「本が好き」を軸に選びました。 大学生になり、書店のアルバイトを始めてからはますます、本・本・本の、本漬けの日々。 文芸の編集者になりたくて、就活時代は片っ端から出版社を受けましたが全落ちで。。 そんな時に見つけたのがTORICOの募集でした。私は“本に関わる仕事以外しない”と決めていたので、藁にも縋る思いで説明会に行きました。 最終的に入社を決めた理由は『ここにいたら絶対退屈しない』と思ったから。 当時のTORICOに編集部はなかったので、入社した時はまさか自分が編集者になれるとは思っていませんでした。

interview_01_02

体を張って作家とマンガを作り上げる日々

編集部は現在4名のチームです。それぞれが担当を持ち、作家さんと打ち合わせをしながら配信日に向けて動いています。私の担当作品でスキマに連載中の『突撃!美女修行』は、美容・健康の話題スポットに潜入して実際に体験し、レポ漫画にしています。実際の体験現場では、作家のごえたむさんだけではなく私も体を張って激痛足ツボを受けたりしています。画的に面白いかなと思い、どんどん体を張っています! また、スキマオリジナル作品のレビューは全部読んでいます。やっぱり読者の声が一番参考になるし、励まされたりもしますね。 苦しい時は作家さんとネタに行き詰まったとき。そんな時でも、TORICOはどの部署も良い意味で「変人」が多く、周りで生まれる斬新なアイデアに毎日刺激をもらっています。

interview_01_03

目標は自社レーベル紙書籍の出版

今の目標は「スキマレーベルから紙書籍を出版する」です。そのためには、まずはもっと多くの読者にスキマの存在を知ってもらわないことには何も始まりません。そのために、スキマ作品の配信をスキマだけに限定せず、他電子書店でも配信していくようにしています。 また、ただ配信するだけでは読者の目に留まりにくいので、無料キャンペーンや完結記念キャンペーンなどの独自施策を提案し、電子書店で展開していただいています。初めてキャンペーンを実施した時、開始初日で前月売上を超えた時は心の中でガッツポーズをしました(笑) 出版不況と言われて久しいですが、そんな時代にのんびりしていたら競合他社に売上を取られるか、出版業界がまた一歩衰退するかのどちらかです。「瞬発力」はこれからも鍛えていきたいと思います。

interview_01_04