INTERVIEW

インタビュー

interview_05_01
interview_05_01

運営管理部 情報システム課/商品情報管理

花山 陽道YODO HANAYAMA

2017年 入社

城郷高等学校卒業後、新卒としてスーパーマーケットの青果部門に就職。
その後、IT企業に転職しバイヤー・システムエンジニアを経験後、TORICOに入社。 運営管理部 情報システム課として商品管理の業務を担当。

「マンガが好きだから」好きなことを仕事に

TORICOで働く前は仕事に対して明確なビジョンが無く「生活する為に働く」といった感じで仕事に取り組んでいました。前職ではただ目の前の仕事を淡々とこなす日々で、次第に「好きなことを仕事にしたい」と強く思うようになり、子供の頃から好きだったマンガ関係の仕事を探していた際にTORICOの募集を見つけ、すぐに応募しました。仕事でもマンガに携われるというのは自分にとっては非常に魅力的で、「マンガが好きだから」という理由でTORICOへ入社しました。

interview_05_02

日々楽しんで業務に携わることができる天職

入社してからは商品の更新業務を担当しました。漫画全巻ドットコムで販売されている紙の全巻セットを、新刊の発売状況に併せて更新する業務です。更新を行っていく中で様々なマンガと出会えるので、マンガが好きな自分にはたまらない仕事です。 徐々に仕事に慣れ、今では商品の情報管理を全体的に行えるようになりました。仕事を楽しんで取り組めていて、自分には天職だなと日々実感しています。 コンビニや書店で自分の更新した本が販売されているのを見ると、自分も販売者側としてマンガに携わっているんだ、とやりがいを感じます。また、お客様も自分と同じマンガ好きな方が多いので、“お客様の為にも頑張ろう”と自然に思えています。

interview_05_03

人の為に、自分の為に働き、何をすべきかを考える

少子化やスマホの爆発的普及の影響で、紙のマンガが売れにくくなっている時代です。 それでも紙媒体でマンガが読みたい!というお客様は今でも多く、そんな人達の力になり続けたいと思い自分は働いています。 これからもTORICOがお客様を虜にし続けるために、商品情報管理の立場から「自分が何をすべきなのか」と常に考えながら、業務に取り組んでいきたいと思っています。今は商品の情報管理者としてだけですが、今後覚えていく業務でもこの思いは常に持ち続けたいと思っています。 TORICOに転職して実感したのは「仕事は自分の為であり、その仕事を必要としてくれる人の為に働くこと」だということです。

interview_05_04